若い頃に比べてニキビが治る期間はどのくらい遅くなったか100人アンケート

若い頃は1週間で治っていたニキビが、今は1か月くらいかかってしまう!というお悩みはありませんか?

1週間→1か月(4週間)ということは、4倍もの時間が必要になったということですね。

一体、皆さんはどのくらい治るのが遅くなったと実感しているのか、アンケートを実施しましたので、ご覧ください。

(2017年10月 インターネットで「ニキビは若い時に治りが早かったのに、今は遅くなった、という方へ」という質問に回答した100人のデータ)

94%が「2倍以上遅くなった」と回答。53%が「3倍以上遅くなった」と回答。

想像以上にニキビの治りが遅くなっているようです。特に2倍以内の方は6%しかいません。

若い頃に1週間で治っていたニキビが、2週間未満で治る人は6%しかいないということですね。あくまで本人の実感ですが。

逆に、3倍以上を合計すると53%にも上ります。半数以上にもなりますね。

なぜ、こんなにニキビの治りが遅くなってしまったのか?ご本人たちの意見をまとめましたので、そちらも併せてご覧ください。